【告知】舞台『少年ドローン』【SUGAR BABY 2015】

ことしの、おわり(の、あたり、)に、

宇都宮市で行われますユニット公演に、
出演させていただくことになりました。

キャストもスタッフも、
所属団体の枠を超え、
おもしろいひとたちがそろっています。

——————

りくろあれでときをともにしてくれた方々もたくさん。
いつも、ちからになってくださってる方もたくさん。
はじめましてのかたも、たくさん。

とても
しあわせな機会をいただきました。

——————

きみのソラって、なんだったの。
きみはどうして、ヒコウするの。
ねえ、きみのほしかったものは、
ねえ、なんだったの。

——————

どかんと。
どかんと、いっぱつ。

是非是非、おはこびくださいませ。

——————

————————
2015.12.20

SUGAR BABY presents
舞台『少年ドローン』

作・演出/佐藤勝美
脚色・演出(補)/中山ユカ



——————

◎日時◎
2015年12月
20日(日)13:00/17:00
(受付開始及び開場は開演の30分前)

◎チケット◎
-料金-
前売2,000円 当日2,500円
-チケット発売-
2015年10月20日
  お申し込みはコチラ

◎会場◎
宇都宮 ATELIER JAM

栃木県宇都宮市今泉4-12-16


——————

◎出演◎
田口雄太(劇団Nextstage7-66)
羽石諭(劇団Nextstage7-66)
ハ ナ
大島朋恵(りくろあれ)
ゆたかあすか(劇団シンの箱)
西村典子(演劇集団DE:RESインプロ研究室)
清水奎花
ほか

——————

——

公演詳細ページ
http://event.tochigi.jp/file/267.html
——

————————

【御礼】「BORDERS」栃木公演【舞台芸術創造機関SAI】

2015.08.22

舞台芸術創造機関SAI #17
「BORDERS」栃木公演
IMG_4096

終宴いたしました。
ありがとうございました。

SAIのツアー、
「栃木でやりたい」と云ってくれたことが、
とても、うれしかった。

——————

みんな、朝早くからがんばって宇都宮まで来てくれました。

わたしは、多荷物の倉垣おにいと
制作の渋谷局長をお迎えに行って、会場入り。

IMG_4092

おおきないきものたち。

——————

こんかいも、すべてのお稽古に参加できたわけではなく、

というか、

みんなはもう05月からずっといっしょにツアーを回っているところに、

それでも、

とてもしぜんなきもちで座組に入っていけたのは、

信頼できる共演者のみなさまと、
SAIの空間づくりのおかげ。

IMG_4093

ほっこりする楽屋。
(音響・照明ブース待機のおにいとRuriくん、
 それから冒頭からさいごまで大忙しの和田くんとはなかなかであえない。)

会場のbe-offは、
とてもひろびろとした、心地よい空間で、
まえからすきな場所でした。
照明設備も音響設備も、
ミニマムかつマキシマム。
(シンプルだけれどいくらでも素敵にできるかんじ。)
こんかい、この会場で演じることができてしあわせでした。
オーナーの妻木先生をはじめ、
関係者の方にとてもよくしていただきました。

演目自体も
ツアー会場の中でいちばんひろいこの場所で、
広い空間だからこその、
SAIらしい演出がたくさん。

空間が交錯し、
くっついて、はなれて。
そうして、
走って、あそんで。

——————

「BORDERS」で、
わたしは、
ミズチの滑川
を、演じました。

ほかの会場の滑川さんをみてきて、

まさか

じぶんの滑川が、
あんなことになるとは、
思いもしませんでした◎

たのしかった。

——————

ツイッターからお借りした舞台のおしゃしんとともに。
(撮影:Super URARIUMさま)

——————

taikuma
春日泰子役の和田宗太郎氏(KING&HEAVY)
と、
熊田夜叉吉役の西荻小虎氏(EgHOST)
おふたりともはじめて共演させていただきました。
ベクトルは違えども、とてもとてもパワフルな。
和田くんのまっすぐさはとてもきらきらしているし、
西荻さんのしなやかで力強い肢体と演技にはほんとに惹きつけられる。
和田くんは、たぶん本番はけっこう本気で踏んでた。ごめん。

——————

machikidou
篠森紀道役、麻宮チヒロ氏
襠役、仲村弥生嬢
このおしゃしん、とてもすき。
だいすきなふたり。
こうして、秘密めいた湿度をまとっているようすも、
お稽古のアップで、
かわいいけどかなりこわい鬼と化した弥生ちゃんと、
その弥生ちゃんから必死で逃げる麻宮氏も。

——————

machibyou
襠の「兄」、鋲役、
そして舞台芸術創造機関SAI主宰の倉垣吉宏氏
かつ、本番中は照明と映像のオペレーションも担当。
なにそれ。そういうこともあるけど。いっぱいあるけど。笑。
このひとにしかつくれないものが、
ほんとに、ある、のだ。
それはとても、すてきなことだ。

——————

amuro
暗室依円役、こもだまり嬢
栃木公演と横浜公演で暗室先生を演じられました。
そこはかとない色気と、
さばさばとした語り口と。
滑川は、最終的に暗室先生にいのちを救われるのだけれど、
一見すごい荒療治をされていそうだなぁ。
こもださんと、舞台上はもちろん、
お稽古場を共にするのもほんとうにすき。

——————

kumachise
そうして、熊田さんとケンカする滑川さん。
栃木公演では、
ミズチとヒトが、ケンカをした。
やっぱり熊ちゃんのほうが強いんだろうけど、
ケンカを、した。
それは、おおきな変化だったのだとおもう。
熊田さんとは、まああんなことやこんなことしてのケンカだったわけだけれど、
それも、広い会場ならでは。
西荻さんのアイデアがお稽古場で炸裂して、
あんなかんじになりました。
貴重な体験をした。
西荻さんの体操教室、また受けたい。
(お稽古場でひそかに流行。)


——————

滑川は、後半のインパクトがつよかったとおもうのだけれど、
わたしは前半も、シーンとしてとてもすきだった。
SAIらしい、充ちた空間。

——————

シーンのようすは、SAI公式サイトで公開されています。
ぜひご覧ください◎
http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/2015/08/27/b-news26/

——————

終演後は、みんないそいで電車へ。
帰るまでがえんそくですからね◎

そうして、ツアーはまだ続いています。
先日、王子 pit北/区域での特別仕様の公演が終わり、
残すことろ
[名古屋]9/12(土) 鶴舞 K.Dハポン
[東京] 9/25(金) 新宿 シアターpoo
こちらの2会場。

すごいですね、
おわりが、くるのですね…。

さいごまで突っ走って、
そうして、
生きて帰ってこい。

一度ご覧になった方も、
ほんとうにほんとうに、
会場ごとに別物になりますので、
是非。
見逃してしまっている方は、
それはいけない、
是非。
足をお運びくださいませ。


——————

◎おまけに◎
taihi
「倉垣さんの長さと小虎さんの筋肉と大島さんの華奢さが一枚で分かる写真」
というコメントとともにアップされていたおしゃしん。
おにい長すぎ。
はみだしちゃってるよ。

——————

栃木に来てくれて、ありがとう。
出演させてくれてありがとう。
足を運んでくださったみなさま。
応援してくださったみなさま。
共有してくださったみなさまに、
こころより感謝いたします。

SAI「BORDERS」栃木公演、
ほんとうにありがとうございました◎

【告知】廻天百眼劇場本公演 『屍のパレード』【廻天百眼】

10周年を迎えた、虚飾集団廻天百眼。

「10周年だもの、おねえちゃん、しゃしゃりでちゃうよ?」第二弾

本公演に、出陣です。

東京公演中の三日間のみ、出演させていただきます。

——————

こころの闇を拾い上げ、その闇の深さに準じた魔物を召喚する書物と、
それを手にしてしまった少女たちのタークファンタジー。

s15_500

書物に群がるものたちと、そして己に闇を植え付けたすべてのものと
少女たちは戦うのです。

——————

美しく、激しく、狂おしく、
の、総力戦、劇場本公演です。
是非足をお運びくださいませ。


——————

————————
2015.10.07-12 / 10.24-25

廻天百眼劇場本公演
『屍のパレード』

脚本/演出 石井飛鳥

shikabane

——————

廻天百眼短編映画集『屍のパレード』より、オリジナル作品『屍のパレード』を舞台化。
使用者の心の深淵に応じた強さの屍を召喚して使役する「黒の書」と「白の書」をめぐる、吸血鬼と妖怪のアクションファンタジー!

幾千の影が伸びるのは沈む太陽の合図 
虐待された少女達は悪魔の書物を携え復讐を誓う
テッサリアの巫女たちの崇める踊る深淵
無惨の記憶は闇を引きつけ、救いの記憶は改竄される

感受誰しも残酷で 漏れて伝わる享楽だ
呻き喚いてしがみつき もがき溺れる人間だ

触れぬあの世に救いを望み
硝子のアチラの水銀を睨む
今生の全ての間違えもまた 夢 幻
あの時の揺らぎよ 我が深淵よ
開け

「この世のモノに成りたい」


——————

◎日時◎ (→大島朋恵出演日)
-東京-
2015年10月
07日(水)19:00
08日(木)19:00
09日(金)19:00
10日(土)14:00/19:00
11日(日)14:00/19:00
12日(月)15:30

-大阪-
2015年10月
24日(土)19:00
25日(日)13:00/17:00

◎チケット◎
-料金-
一般 4200円
闇っ子2800円
・東京フリーパス一般 33000円
・東京フリーパス学割 22000円
・大阪フリーパス一般 12500円
・大阪フリーパス学割 8000円

※フリーパス券は白の書と黒の書の栞、ポスター、友人招待券1枚付き
※闇っ子:2015年11月31日の時点で23歳以下の方 当日身分証をお持ちください。
※当日券は各+500円
※全席自由席 
  お申し込みはコチラ

◎会場◎
-東京-
ザムザ阿佐谷
zmz_map
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
http://www.laputa-jp.com

——————

-大阪-
independenttheatre 2nd
independent_map
大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目7-22 インディペンデントシアター2nd
http://itheatre.jp/index.html


——————

◎出演◎
紅日毬子
金原沙亜弥
桜井咲黒
十三月紅夜

こもだまり(昭和精吾事務所)
イチゴ
左右田歌鈴
なにわえわみ
窪田裕仁郎(VOYANTROUPE/しもっかれ!)
相田健太(偉伝或)

ドドメリナ
ヒガシナオキ(gekidanU) 
柚木成美
和田崇太郎(KING&HEAVY)
やもり

西邑卓哲(FOXPILL CULT)

麻宮チヒロ(東京)
南条ジュン(シンフォニア)(東京)
仲村弥生(大阪)

◎特別出演
大島朋恵(東京)
常川博行(東京)
宮悪戦車(ストロベリーソングオーケストラ)(大阪)

——————

——

虚飾集団廻天百眼オフィシャルウェブサイト 特設サイト
http://www.kaitenhyakume.com/s15.php
——

——————

-廻天百眼 舞台『屍のパレード』予告編-

————————

SAI「BORDERS」、の、おしらせ。

いよいよ一週間後となりました、

舞台芸術創造機関SAI #17「BORDERS」

チケットに関するおしらせがございます。


——————

-01. 高校生以下無料招待 –

ことばのとおり、
高校生以下の方は無料でご招待。
団体様でもどんとこい、です。
・お申し込み時に、代表者のお名前と、予定人数をおしらせください。


——————

-02. プレミアム席の限定解除 –

通常、基本的には撮影不可となっている本公演、
プレミアム席をお申込みいただいた方のみ、カメラでの本編撮影が可能となります。
通常は、メインキャストのブロマイドなどが付いて7,000yen
というお値段ですが、
今回の栃木公演に限り、
一般のお値段で撮影が可能となります。
・カメラ機器持参で全編撮影可能※アイフォン、携帯電話不可。当日受付で確認。
・撮影指定席
以上二点の特典となります。
ブロマイドが欲しい方は、きっと物販で好きなものをお求め頂けると思います◎

既に前売/予約済みのお客様はSAIウェブサイト「コンタクト」よりご連絡いただくか、
当日カメラ持参の上、お申込み下さい。

また、プレミアム席をお申し込みでないお客様は、
基本的に撮影禁止となりますのでご注意ください。


——————

先日のワークショップ「骨と声」を経て、
より一層、栃木のたくさんのひとに見ていただきたい!
という主宰の想いが高まり、
今回の緊急諸々解除、と相成りました。

be-off、広いんです。

広いなりの、使い方をしようじゃないか。


——————

そして、きょうは、
「BORDERS」栃木公演、おおしま参加の最後のお稽古です。

みえてきたもの、
けはいをかんじるもの、
ぜんぶのみこんで、
そのさきへ。

——————

ご来場をこころよりお待ち申し上げております。


——————

————————
2015.08.22

舞台芸術創造機関SAI #17
「BORDERS」

BORDERS_main1BORDERS_poster
「血が眠るとどうなると思う」

と黒髪の写真家は聞く。

「誰かの血が欲しくなるのでは?」

と答えると、黒髪の写真家はにやにや笑ってシャッターを切り、

「ほら、やっぱり切り取れないよ」

と言った。

pm7:32


——————

◎日、と、場◎
[栃木]8/22(土) 南宇都宮 be-off

-南宇都宮 be-off-
beoff_map
宇都宮市吉野1-7-10
http://www.beoff.org

◎時◎
全会場 昼START15:30 夜START19:30
※開場&当日券&受付開始は30分前より。
自由席(一部指定)。前売券の方より優先入場。

◎木戸銭◎
一般¥3000
学生¥2500

-限定チケット-
プレミア席
 予約時、或いは当日のお申込みでカメラによる本編撮影が可能。
※アイフォン、携帯電話不可。当日受付で確認。
高校生以下¥0 
※入場時学生証提示必須。確認出来ない場合、一般料金となります。
 御希望の方は、件名(TITLE)は「高校生招待」とし、代表者名・予定人数を明記の上、
 コンタクト欄から御連絡下さい。
 →http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/contact/

-お申し込み窓口-
BORDERS_ticket


——————

◎出演◎
麻宮チヒロ
仲村弥生
和田崇太郎(KING&HEAVY)
衣純
西荻小虎(EgHOST)
倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)
Ruri

-栃木公演 特別出演-
こもだまり(昭和精吾事務所)
大島朋恵(りくろあれ)


——————

——
舞台芸術創造機関SAI オフィシャルウェブサイト
http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/

「BORDERS」特設サイト
http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/stage/17-borders/

————————

【告知】『燭台(怪)とDISHと…。【サイレンス】』【アムの踊り子】

久しぶりの、UM-アム-のお知らせです。

慣れ親しんだあの、
神楽坂EXPLOSION。
現在は改名して、また違う箱になっています。

「神楽坂EXPLOSION」というライブハウスに出演するのは、
これで最後となります。

久しぶりのアムです。
大切なひとたちと、思い出深い場所で。

ぜひ、足をお運びくださいませ。


——————

————————
2015.09.06

『燭台(怪)とDISHと…。【サイレンス】』

——————

◎日◎
2015年09月06日(日)

◎時◎
開場17:00
開演17:30

◎木戸銭◎
前売2500円/当日3000円  
  お申し込みはコチラ

◎会場◎
神楽坂EXPLOSION
(現:神楽坂TRASH-UP!!)
map
〒162-0805東京都新宿区矢来町 112番地第二松下ビルB1F
http://www.kagurazaka-explosion.com/


——————

◎出演◎
【出演】
燭台(怪)
DISH
…。【サイレンス】

OA:UM-アム-


——————

——

1011944_349199695183094_591319088_n

——————

UM-アム- オフィシャルウェブサイト
http://umum.nu/

————————

さかいめのもの .

SAI「BORDERS」、

本日、大阪3days、終了いたしましたね。
みんなお疲れ様!

次はいよいよ、栃木公演となります。

◎お稽古◎
IMG_4021

こちらは大阪公演のお稽古風景。
大阪で滑川を演じられた、ストロベリーソングオーケストラの伐子さんがいらした日。

この日は西荻さんが本番でお休みだったので、

熊ちゃんの代役やりました。

小熊ちゃんです◎

代役で自分の役と対峙するのはなんだかとても面白い。

——————

IMG_4018

休憩も、しっかり、する。

弥生ちゃん(中央。見たら死ぬ。)は
本編ではこのおしゃしんの感じとは真逆の、ミステリアスなヒロインっぷり、
なんだけど、
でも、それでもやっぱり「弥生ちゃん」なんだから、すごいとおもう。
かわいいこだ。
アップで鬼ごっこするときの、
もののけ感(ボーダーズ感)が半端でない。

——————

わたしは、ほんとは立ち稽古を何度もしないと駄目な質で、
だから、
お稽古きらい、とか、ひどいことを云うけど、
とても、たいせつにしている。よ。

——————

栃木の会場、be-offは、とても広いので、
空間の使い方なんかを、
みんなでかんがえた。
栃木公演だけの仕様も増えました。

わたしが演じるのは、
ミズチ。
河童の滑川地生。
地生は、チセ、と読みます。
男性キャストの場合は、チセイ。

大阪と栃木だけ、滑川はチセちゃんになるので、
ツアーをたっぷり楽しんでくださているお客さまには、
そのあたりも面白いかと思うのです。
滑川が女性になると、なんだか変な生々しさがあると思う。

駒込での公演のおしゃしんも公開になっており、
比較として、
これまででいちばん「きもちわるい」滑川だった、
獣の仕業・小林氏の滑川も、ね。
みておいていただけると、ね。
saikomagome
因みに、これまでで唯一見に行けたのがこの駒込での公演だったのですが、
小林氏の滑川、すごく良くて
とっても悔しかったです。
(もう一生褒めないぞわかったかこばやし)

これをね、とちぎではね、
IMG_0619_72
こんなひとがやりますからねー(何がしかの詐称

SAIのサイト、栃木公演のページもありますので、
そちらも是非ご覧くださいね。
http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/2015/07/09/b-news15/

先立って、
SAIの倉垣おにいと一緒にとちぎのみんなとあそぶワークショップもございますね。
http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/ws/ws01-2/
盛りだくさんですね。

公演もワークショップも、
たくさんのみなさまと、良い時間をすごせたらと思います。

——————

なんだかすごく、
ブログみたいなブログかいたきがする。
すごい。

——————

IMG_4003

BORDERSお稽古のご飯休憩のときに、
みんなで食べに行った先、
ボリュームにびっくりして、
ぶれたしよくわからないおしゃしんになっちゃったお蕎麦。
美味しかったけど次は小にする。

【告知】りくろあれ×SAI 演劇ワークショップ 「骨と声〜栃木版」【りくろあれ】

1年前くらいから、
おにいとこういうことをしようと、話してはいたのですが、

「BORDERS」栃木公演が決まっている、いま、
いまこそがその、
タイミングなのではないかと。

——————

舞台芸術創造機関SAIの主宰である倉垣おにいは、
ここの記事にもよく登場しておりますが、
なんだかんだ、もう10年のお付き合いになります。

初めて会ったのは、
実は月蝕歌劇団「静かなるドン」でして、
大滅亡という大役を仰せつかってばっきばきになった背中とか肩とかを、
よくほぐしてもらったものでした。

そのころから、
「身体」を知っているひとなんだぁと、
漠然とおもっておりました。

その後数年のブランクを経て再会、
R-27なんていう幻のユニットをやったり、
百眼で共演したり、
SAIにもたくさん呼んでいただいたり、
紅黒ちゃんのメンバーだったり、

非常にお世話になっています。

気がよくて細長いおにいさんです◎

とにかく、こんかいは、

身体を動かしながら、
声を出しながら、

あそぼうぜ◎
という、そういう会です。


——————

————————
2015.08.12

りくろあれ×SAI 演劇ワークショップ
「骨と声〜栃木版」

03_01骨と声

——————

東京に活動の拠点を置く、
カテゴライズ不可能、変幻自在のシアターカンパニー
舞台芸術創造機関SAI。
主宰である倉垣吉宏氏を招き、
独自のウォーミングアップ方法を基に「声と骨」に関連した運動や練習法を行います。

経験は不問。
二時間半、と、行き帰り、動かすことのできる身体があれば大丈夫。

2015.08.22の「BPRDERS」栃木公演に先駆け、
栃木のみんなと、遊ぶ、企画。

——————

◎日◎
2015年08月12日(水)

◎時◎
昼:15:00-17:30(2.5h)
夜:18:30-21:00(2.5h)
※受付は30分前より開始。
受付後は動きやすい格好に着替えて、身体をほぐしておいて下さい。

◎木戸銭◎
1コマ¥500(2コマ通し¥1,000)

◎会場◎
宇都宮市 西生涯学習センター
nisi_gakusyusenta_map
宇都宮市西一の沢町17-32
関東バス「作新学院前」下車、徒歩10分
バス時刻表→http://kantobus.info/fromto/result/?from_type=B&from_no=1&to_type=B&to_no=263&week=1&p=5

——————

◎対象◎
全年齢。
初心者/経験者不問。
※身体を動かしますので健康体であること。

◎内容◎
舞台芸術創造機関SAIの基礎身体訓練「骨と声」をベースに行います。
当日は参加者の傾向や要望に合わせて、メソッドの内容や比率は多少変わる予定です。

◎更なる詳細とお申し込み◎
http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/ws/ws01-2/


——————

——

舞台芸術創造機関SAIオフィシャルウェブサイト
http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/

————————

【御礼】月蝕歌劇団創立30周年記念イベント【月蝕歌劇団】

2015.07.25

月蝕歌劇団創立30周年記念イベント

終宴いたしました。

誠にありがとうございました。

いやはや、すてきなイベントでしたねぇ。

なんだかもう、豪華でしたね…!

実は、今回ね、
「素舞台でやる」て
きいてたんですよ。
つまり、セットは何も組まずに、ということですね。

なのですが、
当日ザムザの入り口とともに見えた、
横付けのハイエースいっぱいの道具たち。
運び入れられる床材、柱、鳥居、障子、柱時計。
そして
門田「奈落から平台出しといて。21枚。」

……結局わりとがっつりな仕込み…。笑。

照明も入って
公演さながらのすてきな舞台になりました◎

仕込みをして、リハーサルをして、
ばたばたと、
イベントが始まり。

過去の名作のワンシーンがたくさん再現された中、
わたしは、
「ドグラマグラ」
「東京巡礼歌」
「新撰組」
「女神ワルキューレ海底行」
のワンシーンに参加させていただきました。

ドグラマグラでは、
密かに憧れていた舞踏少女の歌を。
嬉しかったなぁ◎

大先輩方と共演させて頂けたこともほんとうに嬉かったし、
それから、
終始、同窓会みたいで、
松宮さんやかりんちゃんや、
ほんとうにいろんなひとが駆けつけてくれて、
ものすごくしあわせでした。

例によってあまりおしゃしんとっておらず、
というか、
おねえさまたちと全然撮ってなかった…莫迦…。

IMG_3995
*ainon*と沙夜!

——————

IMG_3999
柴ちゃん!

——————

IMG_3997
さそー、じゃなくてリアン、と
舞踏少女でお相手してもらった文化人形ちゃん(高橋詩織さんの作品!)

——————

IMG_3998
オンディーヌ美帆(Ryu Miho)嬢!

なんだかすごく忙しかったけどほんとうにしあわせだった…。

一ノ瀬さんのだんだら姿も見られて大興奮だったし、
理科さんはもうなにからなにまで勉強になったし、
そんな、入団後ずっと背中を追いかけてきた先輩と、
そして、それよりずっと前から月蝕歌劇団を紡いできた先輩と、
いっしょにてんやわんやしたなかまたちと、
縁の下のちからもちをしてくれた男子のみなさんと、スタッフさんと、
舞台からみえてお客様の笑顔と。

ああ、30年て、すごいな。
すごいな。

なんだか、すごすぎて、どう書いたら良いのか全然わからないのですが…。

今回、同期の安東彩ちゃんも出演してて、
ザムザに彩ちゃんの声が響くと、ほんと、
時を越えたようなこころもちになりますね…。笑。

お手伝いに来てくれた門ちゃん曰く、
「いまは高田が月蝕をひっぱてるけど、
 安東とかおおしまが
 たかだーーーーー!
 って容赦なく呼びつけてたのが、なんかよかった。笑。」
……ごめんね少年役トップさん…。笑。

うれしくなっちゃって、はりきっちゃって、
たいして役には立ってないでしょうに、
筋肉痛だけは立派にやってくるのです。

だめだ、
全然まとまりませんが、

ほんとうにありがとうございました。
たくさんのひとのおちからで、
月蝕歌劇団が在って、
たくさんのひとのおちからのなか、
のびのびと、すくすくと、活動することができたのだなと、
感謝のきもちでいっぱいです。

これからも、どうぞどうぞ、
よろしくお願い致します。


——————

なんだかんだいって半澤さんも駆けつけてくれて、
狐犬猫のドン組三点セットが揃ったわけです。
さんにん揃っておしゃしんの一枚でも撮ればよかったのですが、
まあ、わすれました。

彩ちゃんちで、お泊まり会した。

IMG_4001
モーニングも食べた。
すんごいたいせつなひとたちだ、とおもいました。


——————

改めて、月蝕歌劇団は、
わたしの血であり骨であるのだ、
と。
じんわりと。

IMG_3994

◎ありがとうございました◎

(詩織さんのお人形が可愛すぎて…!!!)

【告知】月蝕歌劇団創立30周年記念 イベント【月蝕歌劇団】

月蝕歌劇団、30周年となりました。

わたしは2004年に入団したので
もう11年お世話になっているのですが、
ほんとうに、
わたしという役者は、
月蝕歌劇団で造られたのだと、
つねづね、
おもっているのです。

そんな月蝕歌劇団、30周年記念の一大イベント。

旗揚げの頃から現在まで、
活躍した、活躍し続ける女優たちが
一堂に会します。

蘇るあのシーン。
歌と踊りと。
それから、おはなしと。

わたしも、歌ったり踊ったりで、
参加させていただきます。
憧れのおねえさまがたといっしょに。
こんな機会はそうそうございませんので、
ぜひ、
お運びくださいませ◎

——————

————————
2015.07.25

「月蝕歌劇団創立30周年記念イベント」

——————

歌はもちろん、トークも!
そして吉田香織、一ノ瀬めぐみ、野口員代、
森永理科、倉敷あみ、湖原芽生、高田ゆかなど、
月蝕歌劇団の歴代の女優が
世代を超えてあの名シーンを再現
「女神ワルキューレ海底行」
「ドグラ・マグラ」など。
さらに、三上ナミ、オンディーヌ美帆が歌い、
しのはら実加が舞う。
平良千春(長崎萠)、田中こずえも登場!

——————

◎日◎
2015年07月25日(土)

◎時◎
18:00 開宴
*20:00より、懇親会もございます。

◎木戸銭◎
前売・予約   3,700円  
当日券     4,000円  
エクリプスの会 3,600円
学生      2,900円 
  お申し込みはコチラ

◎会場◎
ザムザ阿佐谷
zmz_map
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
http://www.laputa-jp.com


——————

◎出演◎
倉敷あみ(10代目トップ 10代目ヒロイン)
森永理科
湖原芽生(3代目特別ヒロイン)
高田ゆか(11代目ヒロイン少年役トップ)
白川沙夜(初代ダークヒロイン)
大島朋恵
三上ナミ(初代歌姫)
*ainon*
柴奏花
しのはら実加(9代目トップ 9代目ヒロイン)
オンディーヌ美帆(Ryu Miho)
宇井千佳(名誉副団長・初代特別ヒロイン)
一ノ瀬めぐみ(6代目トップ 5代目ヒロイン)
野口員代(7代目トップ 4代目ヒロイン)
平良千春(長崎萠 8代目トップ 7代目ヒロイン)
吉田香織(5代目トップ)
三坂知絵子(2代目特別ヒロイン)
吉田恭子(6代目ヒロイン)(予定)
野口さゆみ(旗揚げ出演メンバー)
畑中美津子(旗揚げ出演メンバー)
高橋美菜子(初期メンバー)
城之碕リアン(8代目ヒロイン)
細渕仁奈
安東彩
小林あさみ
高橋詩織
野口梨菜
美月
ありんこ
丸田京佳改め、珠希流夏
藤乃玲華
戸村由香(2代目トップ 初代ヒロイン)
田中こずえ
高取英


——————

——

月蝕歌劇団オフィシャルウェブサイト
http://page.freett.com/gessyoku/

————————

【御礼】『サイレンの海』【リンリ.】

2015.07.11

リンリ.2’nd ONE MAN SHOW 
『サイレンの海』

01IMG_9498

終宴いたしました。

ありがとうございました。

三度目のリンリ.、
なつのはじまり、
ということで、
すこし、ふしぎな、
おはなし、を、
おおくりいたしました。


——————

こんかいは、
Re;kai嬢がほとんどの朗読を担うという、かたち。

02800DSCF2629

「わたし」という、
ものがたりの語り部であり、
主観である、
ただよう、なにかを。
もちろん、おうたも大部分をRe;kai嬢が。


——————

わたしは、
客観視されるべく配置された、
「彼の恋人」という、役を、

03800HO9A0201

そこに在る、というかたちで。


——————

それはわたしたちにとって、
すこし、あたらしい挑戦で。

04IMG_9503

Re;kai嬢の朗読は、
耳に心地よく、
やはり良き唄い手さんは、
良き音をしっているのだ、とおもう。

07800HO9A0179

——————
——————

05IMG_9560

それから、
Re;kai嬢の紡ぐ物語や空気感は、
とてもきれいで
とても憧れていて、
だから、
リンリ.のときは、
いつもすこしだけ背伸びしている、
のかも、しれない。

06800HO9A0207

こんかい、
「悦びの詩」を、唄わせていただきました。
だいすきなうたを、
畏れてすらいるような、薔薇色の薔薇を捧げながら
唄うしあわせ。

そうそう、
こんかいは、マイクを使わず、
に、
初挑戦しましたリンリ.でした。

わたしはなんだか、
そのほうが、
すき、だなと、思います。
場所にもよりけりなのですが。
ね。

会場のnuisance galerie、
ほんとうにすてきなところでした。

ひみつの隠れ家のような、
都会の一角。

存在するもの全てに、
すてきな魔法がかかっているような。


——————

08800HO9A0239

わたしは、
わたしたちは、
なんだかきっと、
稀有なところに
いるのではないかとおもうのです。

たいせつに、
またきっと、
紡いで、
いきましょう。


——————

掲載させていただきました、
たくさんのすてきなおしゃしん、
ありがとうございました。
撮影していただきましたのは、掲載順に、
01,04,06,09:gu℃様
02,03,05,07,08:藤居幸一様
でした。

そうして、

お集まりいただいたみなさま、
応援してくださったみなさま、
共有してくださったすべてのかたに、
こころからの感謝を。

ありがとうございました。

またきっとお目にかかりましょう。


——————

09IMG_9617

うんばば…!!!