– C ic a da –

たとえばじかんについてかんがえる。

たとえばこころのなかの結晶についてかんがえる。

途端、
からっぽになって、

あ、

と、そこに至る。

いろんなものが調わない感覚。
——

2016ねんから、
惹かれる楽曲を偏執的に繰り返し聴き続けるようになって、
むかしからそういうところはあったけれど、
それがこのところは、顕著に。

そういえばどれも、
いまはもう、「新曲」を聴くことはむずかしいひとたちで、

しかも
惹かれる楽曲というのがどれもこれも、

からっぽ

を、ひきよせるので、 結果、

あ、

と、そこに至る。

因みにいまは、きみに(そして僕に)セミをみつける曲と、少女のうしろをうろつく幽霊の曲。

———

もうすこしあたたかくなったら、
きっとどこかしらから、
調えるきもちがわいてくる。
と、
しんじているのだけれど。

———

とりあえず、のところは、
いま手元にあるいくつかの台本が、
なんとなくばらついたかんじのする肋骨とか世界とかを
つないでくれているかんじ。

そうつまりは、

だいたいいつもとおなじ。

今週末からは、もうひと現場、追加、で、
より世界がはっきりとするのだとおもう。

まずは「黒百合・抄」当日パンフレットのイメージが、
はっきりみえてくれるとうれしい。

———

そういえば文章が、
びょうきっぽいとか、よっぱらってるとか、
よくいわれるけれども、
ほんにんはいたってポジティブですよ。(念のため)

——

– r u i n o n –


——————

こちらではあけましておめでとうございますになります。

あらためまして、
ほんねんもよろしくおねがいいたします。

2017ねんは、ウェブサイトの構造をすこし変えて、
なにか、日記じみたいなものも、
もう少しかけたらいいなぁなんておもいながら、
こちらのウェブログはちょいとおくのほうへ仕舞い込みまして。

この年末年始は、
アルバムをだしたり、
りくろあれのフェイスブックページをつくってもらったり、
「黒百合・抄」のおけいこをはじめてみたり、していました。

薄い膜のおはなし、
それから、
つたえること、について。
そういったものごとを、
たとえばだれかにうえつける、ことが、
それは、
すこしだけ、こわい、なぁ。

きみのことばを、
おもいだしては直ぐにわすれて、
そうしてしんしんと、
降りつもっていきます。

それから、
あるきかんのなかで出力できることばの量が、
どうやらきまっているようで、
それがどうにもすくないものだから、
こんなことをしていると、
どんどんいろんな連絡ができなくなるのかなぁ

かんがえたりも、します。

ぽっかりと、
ただお布団だけ置いてみた部屋にも、
いつしかそれが、ぽつり、ぽつりと。

それもこれもなにごとも、
わたしがえらんだことなのでしょうね。
いとおしんで、ゆきましょうとも。


——————

すぐにひとりでどこかへいってしまうね。
この襟巻のはしっこ、もってたらそのあいだは、
つかまえていられる?


——————

また ね 。


——————

【告知】「 Impro Night」【obiter dicta】

おひさしぶりの日誌の更新。
そしてさしせまってのご案内、ごめんなさい。

つぎのきんようび、宇都宮で。
また、けいけんしたことのないような興行に出演いたします。

バレエダンサーの近澤美佐緒さん、
それから、
甲斐セッションバンドの
甲斐良信さん
伊藤良法さん
谷田アサシさんといっしょに、
obiter dictaというユニットで。

おととおどり、それからことばのインプロショウをします。

甲斐セッションバンドのみなさんは、
宮ジャズや、いろんなカフェやライブ会場で演奏されてます。
こんかいは、
甲斐さんの鍵盤、伊藤さんのドラムス、谷田さんのベースという布陣。
ダンサーのみさおちゃんは、
バレエを基本に、コンテンポラリーを取り入れて。
わたしは、
おととおどりに呼応して、
つとつとことばを紡ぎます。

だいすきなfudan cafeのデリもはいるとのこと。
五感に愉しい夜になりそうです。

平日、すこしおそいじかん。
ぜひ、おはこびくださいませ。


——————

161111_test02mini
——————

————————
2016.11.11

obiter dicta presents
「Impro Night」

——————

◎日◎
2016年11月11日(金)

◎時◎
open 20:00 start 20:30

◎木戸銭◎
2,000yen (1 drink included)
お申し込みはコチラ

◎会場◎
snokey music public house six

map_snokey
宇都宮市江野町2-15 近江園ビル2F


——————

◎出演◎

live:甲斐良信 Session Band / obiter dicta
dj: ボブ フロム エルエー

————————

【告知】「弟5回 東日本とライヴハウスの為のイベント」【アムの踊り子】

なにを云ったらいいかわからないから、

あいにきてください。

スクリーンショット 2016-05-19 23.30.52
——————

————————
2016.06.18

「弟1回 祝★MATARICAサウジアラビア帰国イベント
~ソールドアウトしなければMATARICAハコ代自腹~」

——————

◎日◎
2016年06月18日(土)

◎時◎
開場_17:45 / 開演_18:00

◎木戸銭◎
adv_羊2,500(+1d) / day_羊3,000(+1d)
お申し込みはコチラ

◎会場◎
江古田club Dorothy

map_dorothy
〒176-0004 東京都練馬区小竹町1-55-7日神パレスB1
http://clubdorothy.com/index.html


——————

◎出演◎

-メインステージ-
UM-アム-
イビルキック
燭台(怪)
真剣に解散を考えている。
鳥かご時計(吉良+かゆ)
バケネコ+バニラ(アネモネ/ex.ANTI-KRANKE)

サブステージ
顔がない~子育てLIFE~
シンガヤ(空想革命)
東京秘密ラジオ†猫灰田らけ
非リア変態シンガーソングライターNaG

——————

——

UM-アム-

——————

UM-アム- オフィシャルウェブサイト
http://umum.nu/

————————

【告知】詩劇『冥婚ゲシュタルトEve』【廻天百眼】

s16仮チラシ_k

愈々幕を開けました。
廻天百眼「冥婚ゲシュタルト」。

初演は2014年。

美しく・激しく・狂おしく

これが、かち、と、おとをたててかみあった、
そんな公演でした。

こんかい、金原卒業公演として、
この演目が選ばれ、
そして、ただの再演ではない、
より深い「冥婚ゲシュタルト」が、
出来上がっています。

そうして、
そのうしろにあるものがたりも大公開。
詩劇『冥婚ゲシュタルトEve』
本編と合わせて、どうぞおたのしみに。


——————

「冥婚ゲシュタルト」は、
たくさんの愛が交錯するものがたり。
愛を追う、マリの旅。


——————

————————
2016.06.17/19

虚飾集団廻天百眼
詩劇『冥婚ゲシュタルトEve』

脚本/演出 石井飛鳥

s16_fly_omo_02_ols16_eve

——————

2014年03月にザムザ阿佐谷で上演され満員御礼を記録した
廻天百眼の代表作、『冥婚ゲシュタルト』の再演。
金原沙亜弥卒業・廻天百眼大改造公演と銘打つ特別な公演となる今回、
同時上演として、
マリがメアリーだったころを描く『冥婚ゲシュタルト』スピンオフ作品をお届けします。

指輪に閉じこめられていたマリ。
 彼女は、いつ生まれ、どこから来たのか。 


——————

◎日時◎
2016年06月
17日(金)16:00
19日(日)16:00

◎チケット◎
詩劇『冥婚ゲシュタルトEve』
  ・一般  3000円
  ・冥っ子 2000円

全ステージフリーパス
  ・一般  42000円
  ・冥っ子 28000円
 舞台『冥婚ゲシュタルト』と詩劇『冥婚ゲシュタルトEve』の全ての舞台を観られるフリーパスです。
 さらに豪華特典もついてくる!

※【冥っ子】23歳以下の方の割引です。
   2016年6月10日の時点で、23歳以下の方。当日、身分証をお持ちください。
※全席自由席。
※受付開始は開宴60分前、開場は開宴30分前です。
※開宴10分前より当日券のお客様の入場を行います。
  お申し込みはコチラ

◎会場◎
-東京-
ザムザ阿佐谷
zmz_map
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
http://www.laputa-jp.com

——————


——————

◎出演◎
金原沙亜弥
大島朋恵
麻宮チヒロ
南条ジュン(鳥の首企画)
山本恵太郎
こもだまり(昭和精吾事務所)
紅日毬子
桜井咲黒
十三月紅夜


——————

——

本編「冥婚ゲシュタルト」情報

◎日時◎
2016年06月
14日(火)19:00
15日(水)19:00
16日(木)19:00
17日(金)19:00
18日(土)14:00/19:00
19日(日)13:00/19:00
20日(月)

◎出演◎
s16_cast


——————

——
虚飾集団廻天百眼オフィシャルウェブサイト 特設頁
http://www.kaitenhyakume.com/s15.php
——

——————

-廻天百眼 舞台『冥婚ゲシュタルト』予告編-



——————

-『冥婚ゲシュタルト』より「冥婚行進曲」-


————————

【告知】螺子 ショー公演 「Japanesque Spiral presented by VIS」

昨年も参加させていただきました、
デザインフェスタでの
螺子 様のショウに、
ことしも出演させていただくことになりました。

昨年は、お衣装のテーマごとに、
03部構成でしたが、
ことしは一本。
「古事記」の神々の宴。
おおしまも、今回は一転、
暗黒な役柄です…!

デザインフェスタに入場していただいた方は、
お時間になりましたらぜひショウスペースへ。
お買い物のあいまにご覧いただけます。

和を取り入れた、
螺子のみなさん渾身のお衣装、
そして盛りだくさんのパフォーマンスを、
どうぞおたのしみに◎


——————

————————
2016.05.15

螺子 デザインフェスタVOL,43ショー公演
「Japanesque Spiral presented by VIS」

50956d_95e7f5ad1b024ae7afe90540f72b7cad

——————

流るる水音 盈る潮騒
月は満ち欠け 稲穂実り 花が咲く
生まれ 育み 朽ちるまで
果て無く生命の 輪は廻り
そして太陽の光は今日も 世界を照らす


——————

◎日時◎
2016年05月15日(日)
14:15-14:45
0515tt

——————

◎木戸銭◎
デザインフェスタ入場料のみ
 (詳細はコチラ。→http://designfesta.com/about-ticket/)

——————

◎会場◎
東京ビッグサイト西ホール(全館)
デザインフェスタ内 ショースペース
http://www.bigsight.jp/access/map/
東京都江東区有明3-11-1

——————

◎出演◎
-キャスト-
アマテラスオオミカミ:紅羽夜(螺子)
スサノオノミコト:Daglas.Camui(螺子)
ツクヨミノミコト:柳太(螺子)
コノハナサクヤヒメ:紅波柚香(Chatter Gang )
イナリダイミョウジン:伊藤佳織(ResetLimit)
イザナミ:大島朋恵(りくろあれ)

-アーティスト-
りくろあれ 金色 柳瀬式


——————

——
螺子(ビス) -vis-

螺子は毎回コンセプトを設け、ストーリーに沿った衣装や演出でショーをお届けしています。
主な活動や公演はデザインフェスタショースペース。時々、その他のイベント。御機会のある際には、是非、お立ち寄りくださいませ。

-略歴-
2005年、座長・紅羽夜により前身となる服飾制作活動開始。翌年、螺子と改名。ダグラス、柳太加入。2015年に10周年を迎え、現在に至る。
ライヴパフォーマンス、パフォーマンスファッションショーなどの舞台や、写真集、服飾制作を行う。

公式ウェブサイト
http://www.vis-japanesquespiral.com/
——

——————

IMG_0619_72
さくねん、
螺子 様のショウでの、
うそみたいなおおしま。

————————

【御礼】月光密造舎開店半年特別催事-第二夜 【吟遊同盟とよるのお茶會】

2016.05.04

月光密造舎開店半年特別催事-第二夜
【吟遊同盟とよるのお茶會】

終宴いたしました。
ありがとうございました。

ぱたぱたとすぎた一日でしたが、
とてもたのしい一夜でした。

吟遊同盟の翔馬さんは、
ランチ営業からずっと働きっぱなし。
タケル氏もお手伝いしながら、
倉垣参謀はもちろん、
みんなてんやわんやのなか、
わたしはぽやぽやと、
買い出しに行ったり、
クッキーの缶を楽器にしたり、
しておりました…
みなさまほんとうにおつかれさま!

このひの催事は04部構成。

月光密造舎店主と大友少年(装)による朗読
吟遊同盟の朗読
R27
吟遊同盟の音楽会

豪華!!!

毬子さんは朗読も艶があって素敵。
大友少年も、まっすぐな声の表情が印象的。

吟遊同盟。
演目は、「幸せの王子」。
タケル氏の、さすがの安定感と器用さ。
でも、タケル氏の器用さって、
器用、ということばに時たま感じる薄さがないからすごい。
倉垣おにいはおにいで、
くうきかんをつくる、という得意な部分を
いかんなく発揮していたとおもう。
翔馬さんは、
すごくよい耳を以って、
音をそえていた。
で、ユニゾンにハッとするわけです。
すごいおひとだ……。

そして、
R27。
「ふな屋」、を。
この演目は、
R27ではじめてやった演目です。
衣装の感じも、
構成も、
あのときと、敢えて変えず。
あのとき、といえば07年前。
自ずと、
当時のじぶん、
当時のじぶんたち、
と、
対峙することになるわけで。
わたしはあんまり、
なんというかそういう、
感慨とか、意識したりとか、
ないほうですが、
やはり、
吁、そうか、
と、おもいました。
それは、
07年間のうちに足して引いて、
つまるところはさがあるわけではないべつのもの
なのかな、と。
あたりまえのことなのだろうけれど。
なんであれ、
こんかい、R27で「ふな屋」をやれたことは、
とてもしあわせでした。
いかがでしたでしょうか。
ちなみに、記録は一切残っておりません。
なんか、そういうもんなのです。

で。
最後は吟遊同盟による音楽会。
吟遊同盟の美声が轟くひととき。
みんな達者でたのしいけどやはり、
翔馬さんの唄声、うっとりするなぁ。
バンドのときは、
なんかもう、攫われたい…!ておもうんですけど、
アンプラグドだと、
やさしさとか、なんていうか、
手を取り合うかんじ……
だめだうまくいえないけど、
ぜひ、
バンド、マーブルの首謀者:翔馬さん
アンプラグドのときの、翔馬さん
どちらも体感していただきたいです。
http://xxmarblexx.net/

最後はお客様も交えてみんなで合唱◎
たのしかった◎


——————

こんかいは、
月光密造舎、開店半年記念の催事。
TARUHOというすてきな場所で、
おみせをやるの、
と報告してくれた毬子さんの、
わくわくと不安がいっしょになったようなこえを、
おぼえているけれど、
いそがしい役者業の傍ら、
こんなに愛されるおみせを続けていること、
ほんとうにすごいとおもいます。
これからも末永く◎
開店半年、ほんとうにおめでとう。
またあそびにいくね◎

——————

そして
月光密造舎でおあいできたみなさま、
ほんとうにありがとうございました。

すてきな、よるでした◎

IMG_5157

【告知】月光密造舎開店半年特別催事-第二夜 【吟遊同盟とよるのお茶會】

なんと、すみません、
あしたの興行です…!

紅日毬子が店主を務める月光密造舎
その開店半年記念の催事に呼んでいただきました。

なんと、倉垣おにいとおおしまのユニット、R27が、復活……。


——————

————————
2016.05.04

月光密造舎開店半年特別催事-第二夜
【吟遊同盟とよるのお茶會】

R27_160504

——————

月光密造舎の人気催事「吟遊同盟のお茶会」と、
店主・紅日毬子の催事「よるのお茶會」が融合!
吟遊同盟による歌と朗読に加え、よるのお茶會来賓として
7年の時を経て、一夜限りの再結成となる
大島朋恵と倉垣吉宏による幻の朗読ユニット「R27」が登場。
多彩な紅茶に極上のパフォーマンスをお愉しみあれ・・・!!


——————

◎日時◎
2016年05月04日(水・祝)
開場18時/開演19時

◎チケット◎
・通常営業&お茶会・・・¥500
  (+お一人様一品ご注文願います)
・催事入場料・・・¥2500
  (1drink付き)
 お申し込みはコチラ

◎会場◎
-東京-
武蔵小山 cafe&bar「TARUHO」
taruhomap_m
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-3-14コレクションハウスビル 202
最寄駅:東急目黒線「武蔵小山」
要時間:婦女子のあしで9分程度
http://taruhocafebar.web.fc2.com/

——————

◎出演◎
月光密造舎
吟遊同盟
R27


——————

◎タイムスケジュール◎
15:00-18:00 翔馬のお茶会&月光密造者通常営業。

18:00 催事場開場。TARUHOスペースは引き続き開店。

19:00-19:20 稲垣足穂「一千一秒物語」月光密造舎
 小休止10分
19:30-19:55 オスカー・ワイルド「幸福の王子」吟遊同盟
 小休止10分
20:05-20:30 別役実「ふな屋」R27
 小休止5分
20:35-20:50 「吟遊同盟による音楽会」月光密造者と吟遊同盟
 AD


——————

——
-R27とは-
倉垣吉宏と大島朋恵が、
八木岳氏からとある朗読イベントに呼ばれた際に
とりあえずでできた朗読ユニット。
ユニット名もかなり適当につけたのに、
その後1年間、コンスタントに活動の場をいただく。
2010年08月、
朗読ユニットだったのに劇場公演を行って、
解散。
——

——————

0911_09_funaya
R27の「ふな屋」。
おにいとの、R27なおしゃしんがありません。

————————

【御礼】廻天百眼劇場本公演 『屍のパレード』【廻天百眼】

レコ発ライブの記事に乗じて、
こっそり……昨年のおはなしを…しますね……

2015.10.07-12

廻天百眼劇場本公演
『屍のパレード』

ありがとうございました!

ずいぶんと日が経ってしまったのですが、
ほんとうにたのしかったし、
ほんとうにしあわせだった。

屍のパレードは、
不思議な書物をめぐるダークファンタジーだったけれど、
芯としてあるのは、
手毬とスタナ、という、
ふたりの少女の物語。

そのなかで、
わたしは、
ヘカテー、という女神を、
演じさせていただきました。

ヘカテーを演じたのは、わたしを含めさんにん。
東京公演では、
常川博行さんと、わたし。
大阪公演では、
ストロベリーソングオーケストラ座長、宮悪戦車氏。
とんでもなくバラバラなヘカテー。
全部観た方、うらやましい!

衣装もメイクも、みんなちがうし、
やることも、みんなちがう。
「因縁性妄言」という曲には、
ヘカテーソロがあるのですが、
常川さんは朗読。
わたしと座長は唄。
しかも、わたしと座長は、
唄もちょっとだけ違うのです。

ヘカテー
三者三様◎

もちろんヘカテーだけでなく、
登場人物すべてが、
個性的で愛らしい。
きっとみんな、
推しキャラ、できたでしょう?

——————

おしゃしんたち!

all01
みんな!


——————

uta
かわいいかわいい深淵ちゃんと。
役に真摯に取り組んだ結果、
とんでもない甘えん坊になっていた。


——————

wada
わだくんと。
SAI「BORDERS」に続いて二度目の共演。
大阪での作家、みたかった!


——————

nao
ヒガシくんと。
かわいい、が、
一転、
舞台上ではやさしいおとうさん。
またきっと、宇都宮で!
(中学の後輩だった。)


——————

chihiro
麻宮チヒロ氏。(右)
粛々と、丁寧に作り込んでくるひと。
真摯に役に取り組んだ歌鈴ちゃんに振り回される姿が、
わたしのなかではこの公演の名物だった。


——————

sutana
チームスタナ!
ヴィジュアル系。


——————

vol
ばろんさんと。
ヴォッさんことヴォルテール、すごい人気で、
わたしももれなく大好きでした。
顔に嬉しさが溢れてると評判のいちまい。
仕草がいちいちかっこいい。


——————

shikabane
屍ちゃんたち。
わたしの推しキャラは、と訊かれたら、
即座に、屍ちゃんたち、と、こたえます。
激しくて切なくて、こころがキュッとする。
屍ちゃんたちのなかにあるのは、愛。


——————

yamo
やもりと。
お稽古では、
わかんない、って涙を浮かべながら、
それでも最後にはちゃんと、
巫女として生きていた!
チーム「家が遠い」◎


——————

omake
なんじゅん。
これは衣装合わせの日。
ふとみたらこんなのが出来上がってて、
思わず二、三枚撮った。
なんじゅんの柔軟さ、ほんとすき!


——————

homu
あいけんさんと!
わたしのかわいいホムちゃん!
大「ホムちゃんかわいいわ……」
愛「え?ホムンクルス萌えキャラなんですか?」
他数名「え?!萌えキャラですよ!!!」


——————

kouya
紅夜さんと。
がんばりやの紅夜さん。
わたしたちはこの公演で、
晴れて鉛筆削りきょうだいになりました◎
紅夜さんには
いっつも甘やかしてもらっている。


——————

nacchi
なっちと。
本公演のお稽古場に久しぶりに入ったら、
ずいぶんとしっかりして、おねえさんになっていた。
 卒業するまでに、
 わたしにできることを、
 きちんとしよう、
 と、おもうんです。
そんなことを、あとではなしてくれた。
いいこだな◎


——————

zakkun
ざっくんと。
この公演では、舞台美術もざっくんが考えた。
えらい。えらいぞ。
これからも、いろんなおしごとちゃんとがんばるんだよ。
いつでも、
あたまだっておなかだって撫でてあげるからね!


——————

mariko
毬子さんと。
毬子さんの、
自分の役に関するあらゆるものへの拘りには、
いつもほんとうに刺激をもらっている。
可愛い子!


——————

kevin
ケビンさんと。
全ての楽曲の創造主。
楽曲そのものについても、
作品への関わり方についても、
なんかもう、
すごいや。
サントラの録音でもお世話になりました!
ありがとうございます!


——————

udume
ヘアメイクのウヅメ・十郎さんと。
ほんとうにほんとうに感謝。
間違いなく忙しいし、
環境も良くないなかでも、
いつも笑顔で気遣ってくれて、
メイク場はほんとうに癒し空間でした…。


——————

ishii
そして、いしいさんと。
ねえ、このしゃしん載せてよかった?笑。
(さいきん、かわいく写ってないと撮り直しを要求される。)
ねえねえねえいしいさん、
ありがとう◎
それから10周年、おめでとう!
えらい!!!!!


——————

おしゃしんが、
あるはずなんだけど、どこにしまったかわからなくなってしまった、

常川さん、
まさに、「勉強させていただきました!」
というかんじでした。
畏怖の対象としてのヘカテー。
圧巻で、次の日同じ役をやるんだ、
とおもったら、震えた。

こもださん、
きりりとした表情で、
殺陣の練習をしていた姿が、
こんかいも印象に残っている。
それから、手毬を見つめる目と、
なかま(家族)への愛情と。
板の上で愛を交わすこと。
再度、みつけた。

わみ、
「うたのひと」、から、
どんどん、「しばいのひと」
に、なっていく、わみ。
わたしも、わみと、だいぶ距離が縮まった気がする。
どうなるんだろう。
これからも、たのしみなわみ。

ドドメ、
はじめましてだったけど、
ああ、この世界がすきなんだな、
っていうのがすごくつたわってきた。
またいいしょにやりたいね!

座長、やよいちゃん、
大阪公演観に行けなかったけど、
おなじ物語を生きることができてうれしかった◎
お疲れ様でした!(遅い)


——————

こないだざっくんと、
 きづいたら、おねえちゃんがいたじかんより、
 ざっくんがいる時間の方がながくなっちゃった、
ってはなしをした。

ほんとうにそう。

これからも、
ずっとずっと、
すてきなものを観せてね!
そうして、勝手だけれど、
その傍らにいられたら、
とてもしあわせ。


——————

ほんとうに遅くなりましたが、
ご来場いただいたみなさま、
遠くから応援してくださったみなさま、
関わってくださったみなさま、
ほんとうに、
ありがとうございました!


——————

all02

【御礼】屍のパレードレコ発ライブ『伝染性狂言』【廻天百眼】

2016.04.25
廻天百眼 屍のパレードレコ発ライブ
『伝染性狂言』

無事終宴いたしました。
誠にありがとうございました。

平日にもかかわらず、
たくさんのお客様にお越しいただき、
とても嬉しいです。
ほんとうにありがとうございました。

昨年も、この時期に、
手刀に立たせていただきましたね。
そのときはワンマンライブだったけれど、
今回は、

ストロベリーソングオーケストラ
FOXPILL CULT
との共演!

機会があるならず観たい面子が勢ぞろい。

そして、
ストロベリーソングオーケストラからは
座長 宮悪戦車氏
FOXPILL CULTからは、
西邑卓哲氏 が、
百眼のステージにも出演。

そしてそして、
舞台「屍のパレード」では成し得なかった、
(成し得ていたらこんなトリプルキャストはなかったんだろうけど)

トリプルヘカテー!

という、
どこから手をつければいいのかわからない、盛りだくさん。

あ、
加えて、
打ち合わせをしていた流れで役者集合時間に遊びに来た、
Asohgiさんが、
なんと流れでDJとして参加。

なんだろう、
どうしたらいいのかわからなくなってきた。


——————

トップバッターはFOXPILL CULT。
ここのところの廻天百眼の劇伴を一挙に手がける、
ケビンさんこと西邑卓哲氏率いるバンド。
やっぱりかっこいい。
予想できない展開の楽曲たちなのに、
どこかポップで、観客を突き放さない。
ステージングも目が離せない!
フロアで石井さんとたくさん踊りました◎
プエプエメンマおいしくてびっくりだよ……。


——————

お次はストロベリーソングオーケストラ。
準備で本番のステージはほとんどみられなかったのだけど、
リハーサルからすごくわくわくした。
音楽と、演劇と。
やはりわたしはこういう見世物がすき。
いつか栃木でもやってほしいなぁ!
リハーサル前、到着した座長と、
「はじめまして!」のご挨拶。
はじめましてなの?!ってびっくりされるけど、
そうだったのです。
ご挨拶できてよかった◎
ストロベリーソングオーケストラのヘッドセットも
百眼のステージで貸していただきました。
ありがとうございます!
またきっとご一緒したい。


——————

そしてさいごに、虚飾集団廻天百眼。
レコ発ということで、
屍のパレードの楽曲を、
公演と変わらぬ熱で。
ドラムには西邑さん。
音楽と語りと動きと。
百眼のライブショウって、
石井さんの原点なんだよね、っておもう。
本公演でもヘアメイクを担当してくれたウヅメが、
この日もみんなをバッチリ決めてくれて、
わたしもちゃんとヘカテーちゃんになれました。
今回、ついにトリプルヘカテーが叶いまして、
夢のようだった。
そして、
改めて、
なんだこのトリプルキャスト…
て、おもいました◎
座長、常川さんと同じ役を生きられたなんて、
ほんとうに光栄です。

手毬の毬子さん、
マルシュナーのざっくん、
スタナちゃんのなっち、
翡翠の紅夜さん
彼岸のこもださん、
ヴォルテールのバロンさん、
スタナの屍のイチゴ、
深淵ちゃんのうたりん、
アレクトのわみ、
手毬の屍のゆずこ、
闇子のドドメ、
ヘカテー様の常川さん、
ヘカテー様の座長、
創造主ケビンさん、
それから石井さん、

みんなだいすき。
ありがとう。
あいしている。


——————

IMG_5084
忘れずに撮ってもらった、
奇跡のトリプルヘカテー!


——————

会場で、そして遠くから、
関わってくださった全ての皆様に、
心より感謝いたします。

また、ね。